ストレスによる心身症やうつ病をすっきり改善|ストレスフリー商工会

医者

自分では気付けない

仕事のストレスは危険

看護師

日本の中心部でもあり最大の都市と呼ばれている東京ですが、年々うつ病患者が増えています。 仕事のトラブルやプレッシャーから日本全体でもうつ病患者は増えており、多くの社会人がカウンセリングを必要としています。 東京には多くの診療所がありますが、うつ病などの心のカウンセリングが行えるのは一部しかありません。 カウンセリングのみではなく、新薬を使った治療にも一定の効果を見せ始めているため、今後うつ病患者は減少していくものと思われますが、注意が必要です。 自分自身がうつ病になっていると気づかずに日々を生活する人も多く、東京のような大都市では人間関係だけではなく、社会のストレスからうつ病になってしまうケースも存在します。

周囲の理解が大切です。

うつ病の治療はカウンセリングと薬品で行われます。東京には様々な場所に精神科がありますが、医師だけの力では完治させることは難しいと言います。 必要なのは家族や社会の理解であり、うつ病患者をサポートする体制が完治への近道です。 うつ病は外見だけでは判断できず、その理解もまだまだ広まってはいません。今後はうつ病と呼ばれる病気を広く認知させることで社会全体の理解を得ることが必要となります。 現在日本ではうつ病の患者も多く、その重大性に気づきつつあります。このまま社会の認知が高まれば、うつ病を患う人そのものが減ってくると思われます。 そして薬品による治療も現在では副作用が大幅に減り、その安全性が高まってきました。 今後はさらに改良を加え、新しい新薬が開発されると思われます。